FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





キットリッツ城-Schloss Kittlitz-
Schloss Kittlitz2
Schloss Kittlitz1
Schloss Kittlitz3


ザクセン地方キットリッツ市のLöbauer地区にある城。
この城の基は10世紀に対スラブ戦線のための要塞があった上に建てられた。12世紀にこの城を占領したOberlausitzはこの城を政治経済の中心として栄えさせた。城は濠に囲まれたWasserburgに建て替えられ、城壁の中は荘園として農作物などが造られていた。
1368年にはこの地域の最古の貴族のキットリッツ家が様々な税の特権を持ちっていたため、至極裕福な小国を造っていた。14世紀の中頃Nostitz家がこの地域を統括。1527年にはJohann von Gussigk,がこの城の領地を含めた周辺を所有していた。やがてその領地は1705年に Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauが買うこととなった。
 Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauは今まであった古い城の隣に新しい城を建築した。彼はドイツのフリーメイスンで1743年にテンプル騎士団のメンバーになり、ドイツ南方のHeermeisterであった。1769年に Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauは財政的な理由で、城を手放さなくてはならなくなった。
 1878年に EFW Ficklerが城を所有し、この城の庭園を一般に公開。1909年にHugo Freiherr von Salza und Lichtenauがこの城を手に入れた。
 第二次大戦中はドイツ国防軍がこの城を補給基地として使用したが、大戦後にソ連軍の進駐により城は病院として接収され、所有者のSalza家は有無を許されずこの土地から追い出された。1947年に病院は保育園として使われた。
やがて社会主義体制の崩壊とともにSalza家は戻り、彼らや市などによって城は再建された。今では文化的なイベント用の貸し出しホールとして使用されている。


site










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。