FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





マルズフィンズホルムス城-Marsvinsholms slott-
Marsvinsholms slott1
Marsvinsholms slott2
Marsvinsholms slott3


スコーネ地方、北マルメ地域にあるイスタード市のBalkåkra教区にある。
最初の所有者はBosøe , Borsøe またはBorsyøと言うように記されていた。
1500年代になるとUlfeld家が不動産の所有者だった。1630年代になるとMarsvinという名の者がこの土地を所有した。やがてOtte Marsvinの代が終わりそうになると孫のChristian Urneが継承し、Thott , von Königsmarck , de la Gardie , Sjöblad , Ruuth , Piper , Tornérhielm och Wachtmeisterへと所有者が変遷していった。
Wachtmeisterは1854年にJules Stjernblad男爵に不動産を売ると彼の娘のIda Ehrensvärd伯爵夫人がこの土地を相続することになった。その子供たちRutger, Louise 、Madeleine Bennet兄弟はこの城を相続すると、一旦はJohannes Johannesenに城を売るが、その2年後の1910年に城を買い戻し、やがてそれは1938年Anna Margretheとその夫 Jørgen Wendelboe-Larsen.の手に城は渡った。1978年には Bengt Iacobaeusが城を買い、現在は息子のTomas Iacobaeusが所有している。
城は1644年から1648年にかけてOtte Marsvinが小さな湖の湖畔に4角形の1782年から1786年にかけてErik Ruuthが包括的に城を修繕し、1856年から1857年にかけてデンマークの建築家Jules Stjernbladが徹底的にクリスティアン4世様式の城の再現を目指し、鐘楼を鳴らせられるようにも修復した。


個人サイト










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。