FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ティレゲム城-Kasteel van Tillegem-
Kasteel van Tillegem
Kasteel van Tillegem1


城はブルージュ地方のティレゲンボス地方にある城。
10世紀にブルージュの聖ミカエル教会から収税官吏ワイネブルヘが土地を信託された。13世紀になると土地はVoormezele家の所有になり、その後は一族が貴族としてその土地を信託し続けた。
1730年から1754年までブルージュの市長だったジョゼフ・アドリアン・バイィは1718年マリー・シャルロット・ド・シーテル・ド・ドゥーモゥーダーとの結婚によって、彼女が相続権を有していたこの城の所有者となった。彼らはフランス革命によってその所有権を失ったものの、革命後もその忠誠をフランス国家に捧げた。
Voormezele家最後の当主のHector Bailly de Tilleghem子爵(1822-1877)は姪のマルグリッテ・ケーニッヒに城を譲ったが、そこに金銭的なトラブルが発生すると、1879年にはとうとうVoormezele家からウジェーヌ・シャルル・ド・ペニャランダ・ド・フレンチモンが城を買い取ることとなった。
彼はクロティルド・ラーゲ・ド・ベルファイと結婚した。その息子はのマリー・アンリエット・ド・ブリエと結婚したが、彼らに子供が授からなかった場合には、ジョルジュ・フェルハーゲン男爵にその城を存続させることになっていた。男爵は1916年に結婚。その息子ルネ・フェルハーゲンは1980年に城をウェストフランドル州に売却した。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。