FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ウェントウァース・ウッドハウス-Wentworth Woodhouse-
Wentworth Woodhouse
Wentworth Woodhouse
Wentworth Woodhouse


サウスヨークシャー地方のウェントウァースの街の近くのロザラムに有る邸宅。
この邸宅、東部分のファサードの長さではヨーロッパで一番長い185mあるそうで、部屋の数は200部屋を超え、1.01㌶の面積を擁している。それはイギリスで一番大きなプライベート邸宅。それでもって6100㌶のお庭を持っているっていうのだからイギリス貴族の桁違いな不動産の大きさには吃驚!!
この邸宅は東と西の家屋はそれぞれに分かれていて、東側の建物はウェントウァース家とステインボロー家との継承争いの結果、そのウェントウァースの名前を勝ち取ったストラトフォード伯爵にしてバロン男爵のトーマスのものになった。でも彼はそれを住居にするのではなくアンソニー・ヴァン・ダイクやダニエル・マイテンスなどが描いた肖像画で長いギャラリーを造った。またトーマスはこの近くではないがウェントウァースとステインボローのタイトルをものにできたので、1708年にウェントウァース城も手に入れた。
1728年邸宅の西側をThomas Watson-Wentworth, 1st Marquess of Rockinghamが1723年に父親から不動産を継承するとジャコビアン風のバロック様式の邸宅建設に着手する。それを子供が受け継ぎ、ヨークシャーの建築家のラルフ・タニクリフに仕事をさせたが、ほぼ完成の折にはそれがお気に召さず、1734年にヘンリー・フリットクロフトに建築家を替え、東側の建物を改築させつつ西側の邸宅も完成させていった。
Charles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham は東側の邸宅を更の拡張した。ジョン・カーによるもの。だがそれぞれの部屋のデザインには「Pillared Hall」にJames "Athenian" Stuart を、「Whistlejacket Room」にはGeorge Stubbsをそれぞれ起用した。Whistlejacket Roomにはその名前の通りの競走馬のポートレイトが飾られ、それは今ロンドンのナショナルギャラリーで展示されている。
やがてこの邸宅は第2代ロッキンガム公爵から妹の家族のフィッツウィリアムス伯爵家に継承された。
フィッツウィリアムス伯爵は1790年にハンフリー・レプトンを招集し庭園を造営させた。
「Doric Lodge」「The Needle's Eye」「Doorway to the Bear Pit」「Keppel's Column」「The Rockingham Mausoleum」などのオベリスクを配置したりした。
1946年から1950年にかけて庭園の大部分を石炭の露天掘りの現場となった。それは時の労働党政権の施策で邸宅の近くまで掘り起こされてしまった。そのために建物の地盤沈下が起こってしまったと、今なお政府と係争中。
そんなことがあるとフィッツウィリアム伯爵家の邸宅を維持するお金も無くなり、ついには手放すことになってしまう。だから邸宅の中に有った有名な美術品は海外にも売り出されて、アメリカやフランスにも存在する。
でも庭園だけはトラストが組まれてこの邸宅を一般公開することで美術館的に運営している。またLady Mabel Fitzwilliamは維持資金のために庭園はナショナルトラストに、邸宅の一部をシェフィールド工科大学に貸すことにしたけれども、法外なメンテナンスを要求されたのでそれは諦めた。
今のこの邸宅の所有者はニューボールド家



official












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。