FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ボスコビツェ城-Zamek Boskovice-
Boskovice-zámek
Boskovice-zámek
Boskovice-zámek


中世からの城が近郊にあったが1733年に不動産は放棄されていた。
1819年ドミニコ会修道院跡にフランツ・ヨーゼフ・フォン・ディートリッヒステインがこの土地の所有者のようにしてこの城を建てさせた。(ってどんな詐欺?詐称?)城を設計した者は不明。仮定としてウィーンの大手建築会社を設立したペーター・フォン・ノビレではないかとのこと(ドイツ・ケルンの建築請負会社の社長にして研究家のヨーゼフ・エシュ氏の仮定)1784年にドミニコ修道会が時のオーストリア皇帝ヨーゼフ2世の許可を取って修道院内の土地にどっかで取り壊した城の材料を使って簡単に再生させ、塗料を新しく塗って出来上がったという………。ディートリッヒステインは修道院関係者と言うことです。
城はモラビア地方のオーストリア帝国のスタイルの最初の城となった。
1830年にはヨーゼフ・ハイェックが庭園を設計。帝国スタイルの温室などを併せ持っていた。が1856年に城はMensdolff-Pouilly家のものとなった。
1916年設計ミスにより城の西側に欠陥が発生。回廊は基礎のアンカーボルトや表からは見えないようにつっかえ棒の支えを施す始末。再設計をし直し崩壊寸前の壁は何とか持ちこたえると、窓やドアは開くようになった。
1948年ソ連侵攻でチェコは社会主義国となると、城は国有化。1991年にやっと自由主義の波が押し寄せると城は基のMensdorff-Pouilly家のものとなった。
今はホテルとして使われている。


Hotel











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。