FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





コーティーンホール-Courteenhall Estate-
Courteenhall

この邸宅は同名の村とともに育まれてきた。
土地は1647年にRichard Ouseley から Sir Samuel Jonesが買った。
屋敷の隣にある公園は370エーカー(150ha)を擁し、フォーマルガーデンは1791年にハンフリー・レプトンが設計して第9代サー・ウィリアム・ウェイク卿バートが造らせた。ウェイク家は通説によるとザクソン人のヒーローでノルマン人からの支配からイギリスを守ったHereward the Wakeの子孫だとか。ウィリアムはサミュエル・ジョーンズの甥に当たる。そして彼はやがてピディントン男爵となる。
今でも屋敷はウェイク家のプライベートな私有地で、屋敷の近くにはサミュエル・ジョーンズ創設の農業学校と厩舎がある。


official












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。