FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アロルセン宮殿-Residenzschloss Arolsen-
Residenzschloss Arolsen
Residenzschloss Arolsen
Residenzschloss Arolsen
Residenzschloss Arolsen
Residenzschloss Arolsen
Residenzschloss Arolsen


ヘッセン州北部ヴァルデック=フランケン地方のバートアロルセンにある宮殿。
1131年にアウグスティン修道院に所属するアロルデッセン教会が領地として開拓した。1526年から1530年に貴族のフィリップ3世ヴァルデック=アイゼンブルクが住居用の城を建設。それも1710年には破壊された。
1710年から1728年にかけてGrafen Friedrich Anton Ulrich von Waldeck und Pyrmontが建築家 Julius Ludwig Rothweilに依頼して、ベルサイユ宮殿のような宮殿建設を実行させた。
1712年にWaldeck und Pyrmont家はGrafの称号からFürstに昇格し、小さな国の王様のような立場となった。それを祝ってだろう本格的な宮殿の工事は1713年から1722年の9年を費やした。また庭園はフリードリッヒの妻 Louise von Zweibrücken-Birkenfeldの提案を取り入れて、1720年に完成した。1728年までには家具調度などが揃い、やっとその場に住めるようになった。その年にフリードリッヒの息子のカール・アウグストが正式にプリンツの称号を受け継ぎ、彼は娘と息子のために2つのアパルトメントを改造した。1746年に西側の棟を王女のためにロココ調の謁見室などに改築。1751年には音楽室が改造され、1749年から1758年にかけて西と東のそれぞれの翼を拡張し、そこに王立厩舎総督邸(?)なるものが造られたらしい。また1809年から1811年にかけてテオドール・エッシャーによってGroße Saalなるものができた。
極小国家がこれだけのものを建てるとなるとそれなりに財政的に破綻してしまう。実際1867年ドイツ帝国樹立に当たって困ったことが起こってしまったようだ。
でもプロイセンの王様は金持だったからそのくらいの保証は出来たみたい。
フリードリッヒ・フォン・バルデックは大公の地位を1829年まで保ち、城と美術品を自分の手中に収めてファイナンスを立ち上げてファミリー財団を創る一方、近隣の森林や農地の権利は州政府や市に寄贈した。
今でも城のどこかに大公一家が住んでいる。けれども一部は博物館として一般に公開している。


official










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。