FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ボナメス城-Burg Bonames-
Burg Bonames


フランクフルト-ボナメスにある城。
城の起源は11世紀となっているが13世紀に遭った城の外側にそれは存在したみたい。
この城の最初の住人はフランクフルト大聖堂(独:Kaiserdom St. Bartholomäus)の司教シェルム・フォン・ベルゲンが住んでいた。
ボナメスの城と村は最初はフルダの修道院が所有していたが、1304年ごろフルダの修道院にいる騎士なども多くなるとだんだんと分家が進み、フランクフルト東部に軍事的な要塞を造り、町としても早くから成り立っていったということらしい。by WIKIpedia
1476年から1480年にかけて城のタワーが造られた。だが1545年のシュマルカルデン戦争で城は焼失。その姿はもはや要塞としての役割を果たさなくなった。1721年には城の使われなくなった建物を改修し、新しい2階建ての建物が東側の濠のを埋め立てて建設された。
1787年に再度建物群は焼失し、1834年には土地だけが売りに出された。1911年にエドアルト・ペリッシャーが土地を買うと、この場所に家を建てて考古学的に城を採掘することができなくなってしまった。
でもフランクフルト文化局は1987年から1993年にかけて地下を調査しようとはしたが、アパートが基礎から崩れる可能性のためにマーキングしただけで終わってしまった。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。