FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ベルク城-Schloss Berg-
Schloss Berg1
Schloss Berg


城はルクセンブルクのほぼ中央、アルゼットとアテルト2つの川の合流地点に建っている。
1845年のベルギー革命に於いてこの城はルクセンブルク大公の所有物となった。ベルギーの独立はオランダの弱体化にあった。それを見据えたルクセンブルク大公ウィリアム2世は、この地に大公の住居を探していた。彼は当時オランダのハーグに住居を構えていたが、ベルギー独立の機運が押し寄せる中ここぞとばかしに、ローマカトリック教会とも結託してルクセンブルク公国の建設にも着手した。そんな折、パスキエという者の邸が売りに出されると待ってましたとこの城を一時的に借りて、1848年に城でルクセンブルク公国の憲法を発布し、この城はその意味で大変重要な城となった。
とはいうものの、ハーグにもルクセンブルク家の宮殿があり、コルマール・ベルクのこの城も手中に入れたいために1891年にウィリアムの息子アドルフがこの城を正式に買った。そして中世から大した改築も施されなかった城を大改修した。ミュンヘンの設計師マックス・オステンリーダーとその右腕のピエール・フンク-エディトを雇って、1907年から1911年にかけて行われた。
しかし、1920年代から世界大恐慌が始まると、城の維持管理に対しての支払いができなくなり、それを見ていた大公妃のシャルロッテ・アデルゴンド・エリザベート・マリア・ヴィルヘルミネ・フォン・ルクセンブルクが彼女の居住棟をルクセンブルク政府の官舎として使うように働きかけた。1934年に城はグリュンネヴァルトの森も含めた城は政府の官舎として使われ、それ相当の対価は国家予算から支払われた。現在ではこの城とルクセンブルク市内の大公宮殿は大公一家の住まいとルクセンブルク国憲法44条に明記してある。
第2次世界大戦時は城はナチスドイツに占領され、城は女子のナチに賛同する為の再教育場所となった。
戦後は城の再建に時間がかかった。1964年には完成しフィッシュバッハ城で過ごしていたジャン大公が戻ってきた。彼はそのフィッシュバッハもお気に入りの城であった。



site










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。