FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ベットステイン城-Schloss Böttstein-
Schloss Bouml;ttstein1
Schloss Bouml;ttstein2
Schloss Bouml;ttstein

城はスイスアールガウ州ベットステインの郊外に位置している。
11世紀から13世紀にかけてベットステインの家族が住んでいた。1218年Rheinfeldenの騎士としてルトルド・フォン・ベットステインは息子のヨハネスと一緒にバックハイン(ボイゲン)の教会に開墾した森林を担保に借金をして城を建てた。ボイゲンの教会はこの地の領主をベットステイン家のものと了承し、家族の地位をHerren von Tiefensteinとした。その家族のヒューゴ1世はマチルダという娘と結婚。1239年城はJohannitern in Bubikonに売られた。
1606年にヨハン・ペーター・フォン・ロールと騎士のハンス・ヴァルター・フォン・ロールの仲の良い兄弟はセントステファンズオルデンの騎士ユンカー・カール・エマヌエル・フォン・ロールに1800Guldenでベットステインの村と城を売却した。ロール家は1615年から1617年に新しく住居とチャペルを建てた。派手な生活をしたロール家の人たち。それは貧乏への道でもあった。1600年当初の財産価値=574000Guldenも1674年には35000Guldenと激減した。ということで領地と城はウリの町のシュミット家に売られてしまった。
シュミット家はロール家とは打って変わって町の人々を大事にし、健康状態や生活の苦しさを和らげるために尽くしたために町の者たちに慕われた。そして城で働くことは町の人々にとってのステータスであり、唯一の稼ぎ場所でもあった。町の者は年間30~40人城で働いた。
ヨゼフ・フォン・シュミットは農業改革に努め、町の農民たちは彼を「キャプテンシュミット」と呼んだ。
当時の牛の管理方法に変革を与え、ベットステインの町の牛は増えていった。しかし、近隣の町の領主たちは彼の方法に冷たい目で見ていた。しかし、ふたを開けて驚き、ヨゼフの方法を真似るものが出てくるようになった。
またスイスカソリック最高評議会の議員でスイス国会議員でもあったカール・フォン・シュミットもこの城で生まれた。彼はスイスの修道院廃止議案に反対した人物。スイスは今でも修道院はたくさんあります。


official










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。