FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アルテンブルク城-Schlösschen Altenburg-
schloss aitenburg
schloss aitenburg2
schloss aitenburg1


ローマ帝国の時代、ヴァレンティヌス1世が370年頃アーレ川のほとりに三つの砦を築いた。川はここで急に曲がり岩の上に砦を造るには防衛上格好の地だった。ドナウ、ライン、イラー、リムスなどの川の源流にも近く、出土したコインにもその様子が窺えた。しかし、401年から406年ころに砦は放棄されてしまった。
10世紀後半ここにアルザスの貴族がその地位を捨ててこの地に入った。Lanzelinという名の貴族はローマ教皇の命によりこの地に小さな城を建て、1020年には息子のラドボットがハブスブルクの城から3キロほどの所に Wülpelsbergの砦を造った。数10年後その砦と城はハブスブルク家のものとなり、そこからハブスブルクの忠実な家臣としてエフィンガー・フォン・ヴィルデックと名前を変えた。
1397年にハブスブルク家が創設したKloster Königsfeldenがこの城を管理運営し、1415年にはベルン都市国家のアールガウ州が管理した。
1938年にPro Vindonissa und die Aargauische Historische Gesellschaftがこの城を所有した。
今はユースホステル

official










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。