FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アールブルク要塞-Festung Aarburg-
Festung Aarburg1
Festung Aarburg4
Festung Aarburg2
Festung Aarburg


この城の築城年代は解かっていない。しかし、ビューロンの町に1200年頃建設されたであろう推測が一般的である。そして13世紀ごろからここを住まいとした者にFrohburg伯爵の地位が授けられた。アーレ川を通る船への徴税や軍事的な守護の役割を世俗的に行われていた。またその管理地域はZofingenの市や周辺の町に及び上級判決が行われ、違反した者には死罪も免れなかった。
1299年Frohburgはこの城と領域の権利をハブスブルク家に売り渡した。1330年にKriech家がハブスブルク家の家臣として住むようになった。
1415年4月20日に城はベルン軍に包囲され陥落した。1416年からベルン軍はここに宮廷や裁判所を置き、ベルンアールガウの人間が城の機能の全体を管理した。といってベルンの貴族や聖職者に特権を持たせなかった。Schenkenberg (1460)、 Biberstein (1499) ツォフィンゲン (1528)、 K醇rnigsfelden (1528)とKasteln ( 1732) と年代を追って周辺の町を巻き込んで城の管轄区域を増やしていった。
そうやって徴税区域が増えると城も大きくなり1470年に城は宮殿を持った。1534年から1535年にも。また1621年と1659年から1673年にはバロック式の構造をもった宮殿が建てられた。
ベルン都市国家はチューリッヒも含めてプロテスタントを保護した。結果、ドイツ・オーストリア、フランスとのカソリック教国と戦わなければならなかった。
1666年からたびたび城は攻められ占領されたリしたために要塞化していった。そのためにベルン軍の駐屯地となり、司令官が城を治める地域の知事にもなった。その後は要塞は刑務所として使われた。もっとも有名な囚人は Jacques-Barthélemy Micheli du Crestだった。1798年3月10日にフランス軍がこの城を占領していた。しかし、ベルン軍が押し寄せるとなにも戦わずにこの城を明け渡した。その時に逃げ遅れてつかまった。
1804年城はアールガウの州が城を管理することとなった。1826年に刑務所として使われるまで荒れ果てたバラックだった。やがて1864年まで刑務所から兵舎へと変換されていった。
1891年州議会は城を少年犯罪者や非行少年のための更生施設にすることを決定し、1893年に改築された城にそれはオープンした。スイスの中で初めて子供に対する義務教育を施す施設ができたという出来事であった。1917年その施設は拡張され、その教育の中身は軍隊式の秩序と規律、そして悪さをした者には罰を与えるという厳しいものだった。1930年頃になると統治哲学による教育改革が行われた。
戦後1946年から1959年にかけて「昔の教育はいかん」ということでシステムを全面的に見直され、1982年から1988年にかけても第2回システム全面改造がされた。時代は目まぐるしく変化する現代に対応するため1989年からいろいろなテーマにそったカリキュラムをおこなう青少年ホームとなった。




Festung(@_@;)Jugendheim
Cantonal(;一_一) Youth-home Aarburg










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。