FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ヒレンラード城-Kasteel Hillenraad-
Kasteel_Hillenraad.jpg
Kasteel Hillenraad1
Kasteel Hillenraad2
Kasteel Hillenraad3

リンブルク地方のルールモント市にあるスワルメンの街にある濠に囲まれた正方形の城。
スワルメンの街は1270年から1695年までGelre公国に属していた。15世紀にはこの城は公国の中心的な位置に有った。
オランダがハプスブルク帝国からの独立をする上でオレンジ公ウィリアムはヒレンラード城に本部を置き、その本部を統括したのがアーノルド・シェンクだった。
1695年スワルメンも街は markgraafschap(辺境伯領)アセルトに属した。
17世紀と18世紀に城は四方の塔を増築し、今の姿になった。

アーノルド・シェンクが亡くなった後、彼の妻のカタリナ・マリア・ファン・ヘンズブロックが一時的に城を所有したが、その後には彼女のいとこのウィレム・アドリアーン・ファン・ヘンスブロックが城を所有した。
Roermondse bisschop Filips Damiaan Lodewijk van Hoensbroeckは18世紀のマーズランド地区でこの城を音楽の中心地にした。
1909年に Franz Eugen von und zu Hoensbroechはメッテルニヒ家の娘と結婚。その際に城は華美な装飾で彩られ、またそのあとにこの城を受け継いだHerman Jozef Wolff-Metternichとその妻のVon Schall Riaucourが1922年に城を更に飾り立てた。そして1918年11月にはドイツ帝国皇太子のヴィルヘルムがこの城を訪問した。しかし、ここはオランダ。第一次世界大戦ではオランダは中立の立場をとっていたためハーグ条約の規定によりドイツ皇太子は国外へと連れ出された。



site



スポンサーサイト




キットリッツ城-Schloss Kittlitz-
Schloss Kittlitz2
Schloss Kittlitz1
Schloss Kittlitz3


ザクセン地方キットリッツ市のLöbauer地区にある城。
この城の基は10世紀に対スラブ戦線のための要塞があった上に建てられた。12世紀にこの城を占領したOberlausitzはこの城を政治経済の中心として栄えさせた。城は濠に囲まれたWasserburgに建て替えられ、城壁の中は荘園として農作物などが造られていた。
1368年にはこの地域の最古の貴族のキットリッツ家が様々な税の特権を持ちっていたため、至極裕福な小国を造っていた。14世紀の中頃Nostitz家がこの地域を統括。1527年にはJohann von Gussigk,がこの城の領地を含めた周辺を所有していた。やがてその領地は1705年に Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauが買うこととなった。
 Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauは今まであった古い城の隣に新しい城を建築した。彼はドイツのフリーメイスンで1743年にテンプル騎士団のメンバーになり、ドイツ南方のHeermeisterであった。1769年に Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauは財政的な理由で、城を手放さなくてはならなくなった。
 1878年に EFW Ficklerが城を所有し、この城の庭園を一般に公開。1909年にHugo Freiherr von Salza und Lichtenauがこの城を手に入れた。
 第二次大戦中はドイツ国防軍がこの城を補給基地として使用したが、大戦後にソ連軍の進駐により城は病院として接収され、所有者のSalza家は有無を許されずこの土地から追い出された。1947年に病院は保育園として使われた。
やがて社会主義体制の崩壊とともにSalza家は戻り、彼らや市などによって城は再建された。今では文化的なイベント用の貸し出しホールとして使用されている。


site







チシェビャツフ宮殿-Palace in Trzebiatów-
640px-Palace_in_Trzebiatów_bk2
640px-Trzebiatow_Palace_2009-04.jpg
640px-Trzebiatow_Palace_2007-07.jpg
640px-Trzebiatow_palac_wnetrze_(3).jpg
640px-Lalki_Pałac_Trzebiatów_05

この宮殿はフォアポメルン州北部のチシェビャツフの街にある新古典主義様式の宮殿。
宮殿の起源は12世紀に遡る。
1224年にチシェビャツフにあった土地はこの地域を統括する修道院長のBogusławie I の助言で、ポメラニアの公爵未亡人のアナスタシアが尼僧となり、1285年に古い城が建設され、その西側に聖ニコラウス教会が建てられたところからキリストの布教に従事した。
16世紀になると城や教会はポメラニア公爵の王子の世俗的な所領となった。
1560年に修道院と城はルネッサンス様式に建て替えられた。1619年ポメラニア公爵フェリペ2世の夫人だったゾフィー・フォン・シュレースヴィヒ=ホルスタインがこの城を受け継いだが、彼女の死後、この城はブランデンブルクの公爵のものになった。1679年に城が火災で焼失すると再建された。1690年にはプロイセンの王のフリードリッヒ1世のものだったが、1761年には一時的にロシアの兵舎を置いていたように持ち主が目まぐるしく変わっていった。そんな中で1750年から1791年にかけては(一時的には変わったけれども)ビュルテンベルク公爵の持ち物だった。最初はフレデリック・オイゲンが住み、後のビュルテンベルク公国の王であるフリードリッヒ1世と大公妃エリザベートが新婚時代を過ごした。
その間に宮殿は新古典主義の宮殿に生まれ変わった。そしてそこにはMaria z Czartoryskich Wirtemberskaが1785年から1,790年まで住み、画家のJan Rustemがゲストとして招かれていた。1797年から1811年にかけてはこの地域の軍の統率者であった元帥のGebharda von Blücheraが住んだ。彼はその後Trzebiatówの市長になると、宮殿の一部を取り壊しそこをアパートや貸事務所とした。そこは宮殿としての機能が無くなり、やがては荒廃していった。
第一次世界大戦が終わるとこの宮殿は農業学校へと変貌した。
1945後は、さまざまな機関が収容された。兵舎、オフィス·、アパートなどに使用された。1989年以来、その内部にある公立図書館とTrzebiatowski文化センターへと変換されていった。


site










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。