FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ビアウィストック・ブラニキス宮殿-Pałac Branickich w Białymstoku-
Pałac Branickich w Białymstoku
Pałac Branickich w Białymstoku1
Pałac Branickich w Białymstoku2
Pałac Branickich w Białymstoku3
Pałac Branickich w Białymstoku4
Pałac Branickich w Białymstoku5

ポーランドのヴェルサイユ宮殿と言われるほど美しい宮殿。
Piotra Wiesiołowskiego .によりもとあったゴシックルネサンスの城を造った。Mikołaja Raczkowiczaが指揮する形で造られ、Piotraの妻Katarzyna Wołłowiczówna が亡くなり、2人目の夫人を迎える時だった。城の周りの濠を生かし、中庭は宮殿の庭園として生まれ変わるようにすることをPiotraの息子 Krzysztof Wiesiołowski がリトアニアの設計師を招いて造った。しかし、1637年に彼は亡くなると彼の妻は亡くなるまでその城に居住した。
スウェーデン侵攻に備えリトアニア人のJanuszowi Radziwiłłowi がこの城を防衛。やがてPawłowi Sapieszeがこの地方の知事よりこの地を指揮することで大佐の位が授けられた。スウェーデンとの戦争でが功績をあげるとJana Klemensa Branickiegoの娘Katarzynie Aleksandrzeを娶り、ポーランド・リトアニア共和国議会は彼にこの地を授けることとした。それ以降、この土地はBranicki家のものとなった。
やがてステファンはユトレヒトの職人Tylmanowi z Gameren .を呼び、ワルシャワのクラシニスキ宮殿を設計したMichała Radziejowskiegoをも呼んで荒廃した城を建て替えるために宮殿建設に着手した。っていうかJana Klemensa BranickiegoはPiotra Wiesiołowskiegoの子孫で、Stefan Mikołaj Branicki =Stefana Czarnieckiegoで彼は妻のお父ちゃんに建設指揮をとるようにお願いした。
1691年から1697年にかけて造られた。 とりわけ、元あった城の塔の一つは階段として使用した。 次の改造時には、横方向の付属建築物を増加させ、多くの彫刻をイオニア式列柱を建てた。 城の庭園の中の池の近くに、17世紀の教区教会があり、そこには塔からの地下通路があったんじゃないのかという言い伝えもある。
宮殿のさらなる拡大は、Jana Klemensa Branickiegoと妻の Izabeli Poniatowskiej .の要請によるもの 。 Jan Zygmunt DeybelがTylmana z Gamerenの後を引き継ぎ、中庭を囲むように馬蹄形のフランスの宮殿式に付属建物を設計し建築した。何人もの職人たちの手によってロココ様式の内装は豪華絢爛に装飾されていった。
そんな宮殿にはヨーロッパ中から数々の文化人が訪れ、はたまた時のポーランド王アウグストス2世、3世、ザクセンのツィマーマン選帝侯、イグナシウス・クラシツキ枢機卿、フランスに亡命したスタニスワフ·アウグストゥス・ポニアトフスキ、ロシア皇帝ピョートル1世、はたまたフランス国王ルイ18世とその名声はヨーロッパ中にとどろいていた様子。
1754年にここに軍事学校が造られ、1773年にはSzkołę Akademicką Zgromadzenia Białostockiegoという軍事大学が設立された。
しかし、1801年になるとポーランドの一部はロシアの領土となってしまう。やがてこの宮殿はツァーリのものとなり、ありとあらゆる陶器や彫刻はぺテルスブルクへと持っていかれてしまった。
でも悲劇もあれば幸運なことも・・・。
第一次世界大戦ではこの宮殿は無傷に近い状態で残った。野戦病院とあいて使用されただけだった。その後地方の知事の公邸に使われた。
しかし、ポーランドボルシェビキ闘争でポーランドの臨時革命委員会の事務局が置かれた。
そしてナチスドイツのポーランド侵攻。1944年に無傷に近かった宮殿もドイツ軍撤退の際に70%が破壊された。
でも戦後ポーランドは社会主義にはなったもののStanisława Bukowskiegoの指示の下18世紀風に宮殿は再建されたが・・・。その中身はお粗末の一言だった。
1990年になって西側の資本が入ると 宮殿礼拝堂のAugustyna Mirysa.の絵を修復させ、2006年には宮殿のBranickich Gryf(門)を再現、2011年には宮殿の再建、2012年には庭園が整備完了させた。

破壊と再建の繰り返し。未来永劫続く人間の営みのような・・・またその愚かさのような・・・。


サイト

大学サイト


スポンサーサイト




ビヨルンストルプス城-Björnstorps slott-
Björnstorps slott
Björnstorps slott1
Björnstorps slott2


ルンド地方のGödelövs教区にある城。
1568年Mikkel Pedersen Göngeがこの地を王より拝領した。
その後、Beata Mikkelsdatter Gönge,、 Clara Mostsdatter Gere、 Falck Lycke、 Lauritz Galtung、 Barbara Grabow.と所有者が変遷していった。
1680年にはliksom Svenstorpの妻のMette Rosenkrantzが所有し、娘のMette Sophie Krabbeがデンマークの首相でJohan Monrad伯爵と結婚した。また彼らの娘のChristina Piperが1700年にこの城を所有した。Christina Piperはこの時代に数多くのスコーネの城を造った人物でもある。(不動産業していたのね)
またその娘のHedvig Maria Stureが1754年にFredrik Gustav Gyllenkrok男爵へと城を売却した。その後城はGyllenkrok家に代々受け継がれ、1941年以降Thure Gabriel Gyllenkrokが城を所有している。


サイト








マルズフィンズホルムス城-Marsvinsholms slott-
Marsvinsholms slott1
Marsvinsholms slott2
Marsvinsholms slott3


スコーネ地方、北マルメ地域にあるイスタード市のBalkåkra教区にある。
最初の所有者はBosøe , Borsøe またはBorsyøと言うように記されていた。
1500年代になるとUlfeld家が不動産の所有者だった。1630年代になるとMarsvinという名の者がこの土地を所有した。やがてOtte Marsvinの代が終わりそうになると孫のChristian Urneが継承し、Thott , von Königsmarck , de la Gardie , Sjöblad , Ruuth , Piper , Tornérhielm och Wachtmeisterへと所有者が変遷していった。
Wachtmeisterは1854年にJules Stjernblad男爵に不動産を売ると彼の娘のIda Ehrensvärd伯爵夫人がこの土地を相続することになった。その子供たちRutger, Louise 、Madeleine Bennet兄弟はこの城を相続すると、一旦はJohannes Johannesenに城を売るが、その2年後の1910年に城を買い戻し、やがてそれは1938年Anna Margretheとその夫 Jørgen Wendelboe-Larsen.の手に城は渡った。1978年には Bengt Iacobaeusが城を買い、現在は息子のTomas Iacobaeusが所有している。
城は1644年から1648年にかけてOtte Marsvinが小さな湖の湖畔に4角形の1782年から1786年にかけてErik Ruuthが包括的に城を修繕し、1856年から1857年にかけてデンマークの建築家Jules Stjernbladが徹底的にクリスティアン4世様式の城の再現を目指し、鐘楼を鳴らせられるようにも修復した。


個人サイト







クラーイェルップス城-Klågerups slott-
51280310.jpg
Klagerup1.jpg


スヴェダーラ行政区のhyby教区にある城。
1400年代にペーター・スポルデナーがこの土地を拝領し、その息子のハンスが受け継ぎ、その子孫のオロフ・トルードソンとクヌート・トルードソンが受け継いだ。クヌートの娘がSparreätten 家に嫁ぎ1600年代にGrubbeとJuels家に分かれて受け継がれ7、1725年にはトロル家がこの城を統合して受け継いだ。
1811年にKlågerups暴動が起き、それを治めるためにマルメ城に常駐していた騎兵軍隊によって数日で鎮圧された。
1858年にフランスルネッサンス様式に建て替えられた。
1900年代にはこの城はSvenska Sockerfabriks AB 社(製糖会社)が所有し、1964年にSilfverschiöld家に売られた。
2004年には人形博物館となった。


個人サイト








クロノファルス城-Kronovalls Slot-
Kronovalls Slot
Kronovalls Slot1
Kronovalls Slot2
Kronovalls Slot3
Kronovalls Slot4


スカーネ地方のトンメリッラ地方のファイェルトフタ教区の中にある城。
1668年、グスタフ・ベルソン・バーナー男爵でスカーネ地方を統率する総督がこの土地を買った。1692年には相続者が娘だったために一旦スウェーデン王室の持ち物になったが、1709年にバーナー男爵の娘が結婚したことによって、結婚した男性の物となるも、彼はすぐに城を売ってしまった。
1760年代にフランスバロック様式の城に建て替えられ、1890年代に改修された。
やがて城はスウェーデン王室につながる血筋の貴族アケッソン家によって1800年代後半から1991年まで所有された。
今はスウェーデンで唯一ワインを醸造するシャトーとして存在し、ホテル・レストランとして経営されている。


ホテルサイト










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。