FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スノーイェホルム城-Snogeholms slott-
Snogeholms slott


この城はスウェーデンスカーネ地方のSövde socken地区にある城。
1500年代に農場として開墾され一階建ての建物だった。最初の所有者はトロット・ビレ。1690年にクリスティアン・ビレが二階建ての建物に改装した。
1700年代に女主人となったカタリーナ・ビレはルンド大学教授トーマス・イーレと結婚したが、その後に城はイーレの甥のカール・ヨハン・フォン・レーベンのものとなった。そして1795年にはレーベンの甥でMorsing市の議員だったカール・グスタフ・パイパー・パ・セフデボルクのものになった。
現在の城はエリック・クレス・パイパーによって1870年に建て替えられた。またプロシア皇帝ヴィルヘルム2世が1899年と1902年に鹿狩りにこの城を訪問している。
1905年にはスノーイェホルム伯爵のE・パイパーの義理の息子に当たるKG Gyllensvärd将軍のものになった。
1915年にはデンマークのHarry Treschowに、また1917年にはデンマークの農場経営者のオルセン家のものになった。
1933年から1969年にかけてはフランクリン・ハンセンとその家族がこの城に住んでいた。そんな中、1940年代から1959年の間はホテルやレストランとしてこの城を活用した。だが城の管理費がいろいろかかったのでしょう、1960年代になるとマルメ郡議会に掛けられスノイェホルムのハイキング事業として庭園は一般に開け放たれた。
1989年には FredとEva von Heideken Kristiansenの夫妻に売り渡したが、彼らは2011年にスノイェホルム農業事業株式会社にこの城と土地を売り渡した。



official





スポンサーサイト




クラインラウファイム城-Schloss Kleinlaupheim-
Schloss Kleinlaupheim
Schloss Kleinlaupheim


住所:Biberacher Strasse 22, 88471 Laupheim

1766年から1768年にかけてFreiherr Josef Ignaz von Welden durch Johann Georg Spechtによって建てられた。
1840年にビュルテンブルク王国のものになる。
1845年にビュルテンブルク王国の地方裁判所が置かれる。
1958年バーデン・ビュルテンブルク州のラウファイム警察署となった。


市のサイト











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。