FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





Koeth-Wanscheidsches Schloss
Koeth-Wanscheidsches Schloss3
Koeth-Wanscheidsches Schloss2
Koeth-Wanscheidsches Schloss1


この城はディルムステインの北西端にあり、歴史的な村のオーべルドルフにある。
北東側の守衛詰め所は東翼の側面に道路と接し、その南の母屋を挟んで中庭を形成している。
この城は18世紀に中ごろまでバーデンダルラッハの役人のWolfgang Wilhelm von Rießmannのものだった。ファルツ継承戦争(1688-1697)で城は完全に消失すると、1715~1718年にかけて木材によって再建された城となった。しかし、1770年にプファルツの役人のGeorg August Heinrich von Kinkelに渡ったが数年するとフランス革命軍がこの地に押し寄せて、城と土地をフランス革命軍が接収すると競売にかけられた。しかしGeorg August Heinrich von Kinkelの弟のHeinrich August von Kinkelはオランダの大使をしていたために、フランス革命軍のとった行動は無効だとして外交特権を使用して取り戻した。
1802年には Joseph von Camuziがこの城を所有し、その息子で1864年かエア1874年までディルムステインの市長をしたギデオンが城を継承した。
20世紀になると城はオーベルドルフの村のものになり、第2次世界大戦後再建されると、様々な用途に使用される施設となった。




スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。