FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アダモフス城-Zamky Adamovce-
Adamovce
Adamovce


18世紀半ばに建てられたバロック様式の邸宅。
ノリス・シゾが最後の所有者。
城は長方形の母屋に左右に分かれる短い翼によって形成されている。
今は若い精神障害者のための病院として利用されている。
スポンサーサイト




ボーモン・ル・リシャール城-Château de Beaumont-le-Richard-
Château de Beaumont-le-Richard
Château de Beaumont-le-Richard


アングルグヴィル・ル・ペルスにある12世紀から続くノルマン様式の城。
コンスタンティンノーブルのノルマンディー領主のホメット・ジョルダンを子孫に持つリシャール・ホメットの名前に因んで土地の名前となった。
1220年にモンダイェ修道院がホメット家の所有を認リシャール・ル・ボーモンがこの地を農場として開拓した。
城はロマネスク様式の住宅と大きな部屋とを回廊でつないでいた。1640年にはプライベートな礼拝堂が造られた。しかし、20世紀においての第2次世界大戦で城は破壊され、今もなお個人所有ではあるけれど、そのままの姿となっている。







バルロイ城-Château de Balleroy-
Château de Balleroy
Château de Balleroy
Château de Balleroy


城はルイ13世の政治顧問のジャン2世・ド・ショワジーがフランソワ・マンサールに依頼し1631年から1637年にかけて建てられた。
1970年までバルロイ家が所有していたが、その後にはアメリカの経済紙を経営するマルコム・フォーブスによって買収された。
1951年から歴史的建造物として登録されている。


official







フェレンベルク城-Schloss Fellenberg-
Schloss Fellenberg



この城はLohmühleの会社の社長さん(ヴィルヘルム・テル・フォン・フェレンベルク)が1858年に建てた城。
建物を二つに分け片方は黄色い漆喰の主館に隣にレンガで造った正方形の建物を付属させた。
フェレンベルクには子供がいなかったために、やがてこの城はボッホ家のものになり、それをメルチヒの町のものに貸し出した。
1934年に城は町の管理下に置かれ、高齢者のための老人ホームになり、その後産院の病棟となった。1980年には町の歴史博物館に。1997年から2000年にかけて城は全面改装された。



official







デリッチ城-Schloss Delitzsch-
Schloss Delitzsch
Schloss Delitzsch

デリッチの旧市街には9世紀に人々が定住していた。
そこにはスラブ人が住み、13世紀に丘の上に城が建設された。デリッチの語源はdeliceというスラブ語からきている。
やがてこの地はマイセン辺境伯のものとなりとその家系のヴェッティン家が城を所有した。
城は市街地を取り囲む城砦となり、城壁は1.4kmにも及んだ。その中にある城は水を周囲に巡らせた城で、1550年にルネッサンス様式の城として生まれ変わった。
ザクセン公のクリスティアン1世・フォン・ザクセン・メルゼブルクはこの城を1657年に別荘として使った。それを彼の妻のホルスタイン・グリュックスブルク家出身のクリスティアーネは夫の死後、この城を相続し、城は一旦グリュックスブルク家が統治するデンマークおよびノルウェー王家の物となった。
城は1689年から1696年にかけて大改装されバロック様式の庭園とともに今の姿へとなった。
やがて城はヘンリエッタ・シャルロッテ・フォン・ザクセン・メルゼブルクが購入したが、モリッツ・ヴィルヘルム・フォン・ザクセン・メルゼブルクは住むことはなかった。彼女は病弱なためにこの城で40歳で亡くなった。
やがて城は1860年に女性用の刑務所に使われ、1900年から1926年までは博物館。東ドイツ時代には忘れ去られ荒れ果てていたが、1993年になると12年間による修復で蘇った。

site










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。