FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ドメーヌ・ド・シュヴァリエ-Domaine de Chevalier-
Domaine de Chevalier
Domaine de Chevalier
Domaine de Chevalier

ぶどう園の邸宅は18世紀から存在する。
80エーカーのワイナリーではカヴェルネ・ソーヴィニオンが60%・メルロー30%・カペルネ・フラン2.5%・プティ・ヴェルド2.5%の構成になっている。
19世紀にシャトー・マラルティック・ラフラヴィエールの醸造酒のアルノー・リシャールによってワイナリーをはじめた。
1900年から1945年にガブリエル・ボーマルタンがワイナリーを所有したが、1945年に大変な霜の被害に遭い、1953年まで植林ができない状態にばってしまった。
1945年以降はクロード・リシャールが買いリシャール家が管理した。1983年からはコニャックを製造しているベルナール家が管理するようになった。しかし、クロード・リシャールによるブドウ栽培からワインの熟成までを任せることになった。
いまはベリーブラザースアンドルッドカンパニーによるワイナリーになり、醸造家はステファン・ドレノンコートが務めている。
ボルドー市の南、グラーヴのペサック・レオニャン地区に属し、ランクはプルミエクリュになっている。


official



スポンサーサイト




バルセベックス城-Barsebäcks slott-
Barsebäcks slott
Barsebäck Castle

スカーネ地方エーレスンド海岸のカフリンゲ地区、バルセベックスの村にある城。
12世紀から存在する城だが、スカーネ戦争で、スウェーデンはプロシアとの戦争で領土を失った後、クリスチャン5世は 1675年に、 スカーネの侵攻を開始した。スウェーデンとの同盟を結ぶフランスとデンマークが同盟するハプスブルク家のオランダの関与による戦争だった。 スカーネ地方はスウェーデンとの同盟によりフランスの援軍により攻撃されて、神聖ローマ帝国軍のデンマークはノルウェーの支援を求めた。また帝国軍の本体はオランダ軍も加勢。 。スカーネへの侵攻は ノルウェー語で Gyldenløve戦争と呼ばれ, .二方面からの神聖ローマ帝国からの攻撃にスウェーデンは、強制的にノルウェーを併合させた。 そのときにスカーネ地方はデンマークからスウェーデン領土となり、その領地をトット家が所有することになった。
やがてこの血はスウェーデン皇太子の后のための領土となった。
1743年にはスウェーデン陸軍連隊大佐グスタフ・ダヴィド・ハミルトンのマルメ地方での住まいとなった。
城はその子孫が受け継いでいる。


site







アルナルプス城-Alnarps slott-
3338522105_08a222b4f1_b.jpg
Alnarps slott

スカーネ地方のマルメの10㎞南に位置する城。
この城が建てられたのは1100年ごろと推定される。
1325年に騎士のアンデルス・ペデルセンの領地に属し、1400年にはアーゲ・ニールセン・ウルフェルトが所有していた。1449年にはニルス・スティッグセン・トットのものになった。ウルフェルト家とトット家は古いスカーネ地方の貴族で結婚により城を受け継いでいった。
最終的にエリック・クルメディゲやヘンリク・クルメディゲといったデンマーク王室の顧問をしていたクルメディゲ家の手に渡った。1536年にデンマーク王のクリスチャン3世がこの城の領地をデンマーク領土にしている。
後のロスキレ条約により、1658年スウェーデン国王カール10世グスタフはヨハン・フォン・エッセンをマルメ方面司令官としてこの城を彼に与えた。
また1660年には国王カール11世はエストニアのタリン出身の政治家ガブリエル・オクセンシェルナにこの城を与えた。1694年にはスカーネ知事の城として使われた。
いまはスウェーデン農業科学大学の図書館として使われ、生物学的な図書館としてはスウェーデン最大の蔵書を誇っている。

site







カルコーフェン邸-Gut Kalkofen-
3330888235_08a222b4f1_6.jpg


1305年アルノルド・フォン・カルコーフェンが所有していた。
1574年から1582年にスペイン軍に占領された。1582年3月19日アーヘンの軍が領地を取り戻す際に屋敷は燃えてしまった。1584年バルトロマウス・シェプフィンガーがこの土地を買い、他の国に住みながらこの土地を維持したが、その後破産。
1609年ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝ルドルフ2世のためにパッサウ大司教のレオポルドが仕掛けたユーリッヒ・クレーフェ相続戦争で勝利し、1610年にはここは帝国軍の駐屯地となり、ユーリッヒ公国のデュレン市の市長にフリードリッヒ・ズ・ゾルムス・レーデルヘイムがなった。(フォンと同じような意味で「zu」という呼び名もある模様)
1749年に織物業を営むヨハン・フォン・ベスピエンからヨハン・ヨーゼフ・コウフェンがこの土地の半分買い、そこに夏の離宮を建てた。残った半分は農場としてベスピエンが所有していたのか?
いろいろな所有者の手に渡りながら、1836年にアーヘンの市長のヴィルヘルム・ツルヘルがこの地を買い、屋敷を昔のままの姿に復元。しかし、世界大戦で1944年に屋敷はものの見事に焼けてしまった。
1989年にドイツ連邦共和国の財政支援を貰い、外壁からインテリアまで住宅としての復元がなされた。


official







カルベック城-Schloss Kalbeck-
223jii22232fctgft.jpg

1326年レイナルドⅡ・フォン・ゲルデルン伯爵が城を建てたのが始まり。
その息子ローフⅢがカルベケと名前を替えたが、この領地はクレーフェ公国の領地となる。しかし、カルベックの名前はクレーフェ公国の過信として存在し、クレーフェ公国がなくなっても、他の国の過信として存在し続けた。
1647年にモーリエン家はは神聖ローマ帝国のウェストファーレン地区のカルベック選帝侯になり、独立した自治権を取得した。
19世紀終わりのころ、この城はヴィッチングホフ・シェル家のものになっていた。嫡子のいなかった家系は他の家系に名を借りてその血を受け継いでいった。
ヴィッチングホフ・シェル家はこの地方の豊富な石炭を掘り、経済面でも潤った。またウェーゼ市の市長も務め、その姪っ子のスピス・フォン・ビューレスシェイムに受け継がれ、2001年からアンオワネット・フォン・エルヴェルフェルト・ウルム(旧姓スピス・フォン・ビューレスシェイム)伯爵の家族が住んでいる。

シェル…。ロイヤルダッチシェルと関係あるだろうか?

official










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。