FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

ニールカンヌ城-Chateau Neercanne-
Chateau Neercanne
Chateau Neercanne
Chateau Neercanne

この城はマーストリヒトの軍司令官ダニエル・ヴルフ・ファン・ドフのレセプションハウスとして1698年に建てられた。この城の重要な客は時のロシア皇帝のピョートル大帝(彼は西ヨーロッパの華やかなバロック文化を吸収するべく旅行中だった)。1718年ダニエル・ヴルフ・ファン・ドフは亡くなる。
1747年にカレル・ファン・ヴァルデック皇太子はこの城をハプスブルクオーストリア・ハンガリー帝国のの軍のオランダでの宿泊所(将軍General以上の階級のみ)にした。
1839年(ベルギーがハプスブルク家の領土ではなくなり独立すると)この地はオランダの領土に再編され、城はクレール伯爵イグナシアス・デ・ティエルのものになった。
彼の孫、ティエル伯爵のルイーズ・オイフラジネ・マリア・ポスヴィックが最後の住人だった。
1947年にリンブルク景観財団に城を売却。城はとても劣悪な状態にあり、修繕には相当な費用がかかるだろうと言われた。
1955年オランダで唯一のテラスガーデンを持つ城はヴィールレのビール醸造所が経営のレストランを有して再建された。
1984年カミーユ・オーストベゲルホテルグループに参入しユネスコなどの協力の下、城は文化的な重要性を認められて保護されることとなった。1991年それを祝ってEUの加盟国のゲストを迎えてホステス役のベアトリクス女王が盛大なパーティーを開いた。



official






スポンサーサイト




モンフォール城-Kasteel Montfort-
Kasteel Montfort
Kasteel Montfort

1260年ハインリッヒⅢ・フォン・ヘルレによって建てられた城。
城の名前が建築主の名前でないが、当時この名前がはやっていたために命名したという説が有力。
もともとこの土地はリエージュの司教のものだった。しかし、リエージュの司教はローマ教皇のグレゴリウス10世からカソリック会から除名処分を受け、ハインリッヒ・フォン・ヘルレが正規軍を他と挙げてリエージュ司教のこの地に攻め入った。そして勝利の後にこの領地を所有することとなった。
その後、レイノート・ファン・ヘルレの時代に城は拡張された。リンブルフとヘルターランドをまたがる領地を保有した。しかし息子と父親との喧嘩のスエに父親は投獄されてしまい、レイナートⅡの親友のヴィレム・ファン・ホラントの手紙もむなしく6年後に投獄されたまま父親は息を引き取った。
100年戦争の際にヘルレはイギリス側に付き、フランスと戦争をし、城は要塞を好個なものにしたが破壊されてしまった。1685年に壊された一部の要塞が解体された。この地を治める帝国の執行官の住居が建てられ、18世紀までその住居はあったが、フランス革命軍の襲来と共に所有者は逃げて城はからっぽになった。
1837年ヤン・ヴィレム・ブルクホフがこの城を買った。要塞の残骸の隅にハンティングロッジを建てた。設計はピエール・クイペール。
1957年に城はファルケンブルク城財団の手に渡った。1961年に城は現在のモンフォール財団にわたり、劣悪な状態の狩猟ロッジの復元を2002年から取り掛かり、また残っている要塞の壁の保存。ワインセラーばども復元予定(?)

official






ホーヘンヴェールト城-Kasteel De Hoogenweerth-
Kasteel De Hoogenweerth
Kasteel De Hoogenweerth



城は15世紀にホウヴィールトによって建てられた。
今の城は17世紀にアントニウス・ヴェーズにより依頼されて建てられた。彼はイギリス・オランダによるカルヴァン派の宗教改革から端を発する独立戦争でのパルマ公国との戦いで負傷し、マーストリヒトの住まいで亡くなった。息子のアンドレアスが不動産とマーストリヒトの町の政治を引き継いだ。
その頃市長はビュエルの領地とスヴェレン・エン・ヴェーズの領地を有していた。
19世紀にボーナム・ド・リックホルトの姪のマリア・セリーズ・ド・ファンソンが不動産を取得すると、その後はケネフラフト家、市民のリゴート家が城を所有した。
1929年から1967年までピエール・リゴートが最後の住人として暮らした。その後リンブルク州に所有権は移っていった。
1992年に荒れ果てた城は解体される羽目になっていたが、実業家で城好きなペーズ氏によって城は買収されると、城は改装された。
長方形の建物で内側に切り込まれた屋根、角に向かって狭くなっていった先には階段の塔が聳える。1754年にアンドレアス・ヴェーズが北側を回想し、1821年にはけケネフラフトが西正面を拡張しつつ近代的な建物にしていった様子を再現。黄色とグレイの配色でネオルネッサンスとネオクラシック様式に建て替えられた。また19世紀に離れのような趣で造られた北側の複雑な建物までも再現されている。
今では豪華なホテルとして、結婚式・ビジネスに活用されている。もちろん観光も。


official







ホルトミュール城-Ch醇Cteau Holtm醇・le-
Château Holtmühle
Château Holtmühle
Château Holtmühle
Château Holtmühle
Château Holtmühle
Château Holtmühle

14世紀に建てられたホルトミューレン家の城。
テーヘレンの森に囲まれた城砦。戦争でもとの大きさの10分の1の大きさになってしまい、城砦だったことを覗わせる城門がその名残としてのこっている。1968年に売却されホテルレストランとして使用されている。
日本の観光サイトでも有名なホテル。


site







ホーエスブローク城-Kasteel Hoensbroek-
Kasteel Hoensbroek
Kasteel Hoensbroek
Hoensbroek
Kasteel Hoensbroek
Kasteel Hoensbroek
Kasteel Hoensbroek
Kasteel Hoensbroek

別名をヘブロークホエス城。
マース川とライン川に挟まれた一帯を統治した公国の王宮。
マーストリヒト、ケルン、アーヘンの大司教区と隣接するために交通の要所として貿易が盛んな土地なために、城もその威光を放っている。
1225年にモット城と呼ばれた城があった。1250年に要塞化されて今の形になり、その広大さはオランダ一の水辺の城となっている。
最初の領主はヘルマン・ホエンで後に城が二つの石の上にあったため、ホーエンブロックと名乗り、そこからホーエスブロークという名前になっていった。1371年百年戦争のオランダでの戦いにユーリッヒ公とブラバント公の戦いがあった、クレス・ファン・ホーエスブロークの父はその戦いで戦死した。クレスは夫人のヨハンナ・ファン・ブラバントのリンブルク南東部のヘールレンの町も領地にし、ホーエスブローク家はリンブルク地方の南東部を6世紀に渡って支配した。しかし、18世紀フランス革命軍の侵攻により城は開け渡さなければならなかった。
1927年、アヴェ・レックス・クリステ財団に城は売られた。1930年から1940年にかけて荒れ果てていた城を完全に復元。マース川地域のルネッサンス様式の建物が主流だが、各時代の様式を取り入れて再建した。
第2次世界大戦後、オランダの著名な詩人ベルタス・アーフェスが1951~1973年まで住んでいた。
今はここは子供たちのための教育博物館となっている。


official