FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





リンゲルハイム城-Schloss Ringelheim-
Ringelheim

リンゲルハイムは司教の私的な宮殿。
10世紀に時の王ハインリッヒ一世の命で建てられ、それをマティルデス・フォン・リンゲルハイムが統括する形でそれ以後続いていった。
1803年には宗教の枠からはずれ、貴族として広大な領地を所有しプロイセンの臣下シューレンブルク・ケーネルト家がこの地を治めた。
1817年に今のようなバロック様式の壮大な宮殿を建てた。
1942年にはこの城を結核患者のための病院として活用し、その後はオンガクアカデミーなどを開いた。しかし、1990年以降城の活用には進路を計りかねている様子。

site



スポンサーサイト




リッツェビュッテル城-Schloss Ritzebüttel-
Schloss Ritzebüttel
Schloss Ritzebüttel

1340年ザクセン・ラウレンブルクの司教がここに城を建てた。
ハンブルクのハンザ同盟などはエルベ川周辺に勢力を伸ばしていくと、そこには対岸のデンマークのバイキングたちがはだかる。それを阻止するためにこの城もハンザ同盟の一員に組み込まれ、城はバイキングたちからハンブルクを守備するようになった。
そんな城もリューベックの商人たちが北方に移動していくと、バイキングの侵略もなくなってきたために。ここにアムトマン家が住居を構えるようになった。
そして、長い時代アムトマン家はハンブルクの重要な貴族として存在したが、20世紀前半にハンブルクの養殖を終われ、またプロイセンに攻められ奪われてしまった。
以後城は放置状態。だが、1996年に城は街のものになると復元され、今なお当時の面影に近づけるために資金を募っている。

official e.V










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。