FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ラ・モット・グラン城-Château de la Motte-Glain-
Château de la Motte-Glain1
Château de la Motte-Glain2
Château de la Motte-Glain3
Château de la Motte-Glain4


この城塞はラ・シャペル・グランの街に有り、サン・フローレントの修道士が、この地にキリスト教を布教したことから教区が置かれ、その教区の領地をローマ教会から拝領する形で、アンスニ男爵としてラ・モット・グラン(=後のルージュ家)が最初に城を建てた。1418年にルージュ家には娘しかおらず、娘のマルグリット・ド・ルージュとジャン・ド・ペンホーが結婚。その娘のフランソワーズ・ド・ペンホーとピエール・ド・ローアン・ジーが1476年に結婚。1495年に城をピエール・ド・ローアン・ジーが今の姿に建て替えた。
1497年までアンヌ・ド・ブルターニュとシャルル八世の夫婦が、また1565年にはカトリーヌ・ド・メディチとシャルル9世がここに滞在した。1635年にはブルターニュ州議会議長のミッシェル・ル・ルーがこの城を購入した。
その後は聖職者のための学校になったようで……。
入口の二つの塔は昔はワイン貯蔵庫として使われていたけれどもそんな使い方をしてたからずいぶん破損していた。しかし塔の窓はルネッサンス様式の彫刻で象られ、隣接する邸宅はアフリカの動物たちの剥製や水鳥の剥製が沢山ある。部屋の家具は17と18世紀の調和のとれた風情。 礼拝堂は聖バーバラに捧げた祭壇があり、中庭の北端にある。フレスコ画は16世紀に描かれたもの。1929年にフランスの歴史的建造物(国宝)になった。


site








スポンサーサイト




ラ・ブルテッシュ城-Château de la Bretesche-
Château de la Bretesche
Château de la Bretesche


中世からある城で14世紀に再建され、19世紀にミシラックの街の一部となった。
ラ・ブレテッシュ将軍:1498年に城はギヨーム・ド・マルブレによって再建された。その名前はラテンに由来し、城を正面の見張りの塔の形の特徴からきている。
その後、城はラ・ロッシュ・ベルナールの街を守る前哨基地となった。
16世紀中期には宗教戦争でメルクール公爵がこの城を包囲。フランス革命では城は略奪に遭い、やがて破壊されていった。1926年になるとジャック・ペロンによって再建された。
1943年に城はフランスの歴史的建造物に指定され、1943年には不動産会社に売却された。一時的に城はアパートとして貸し出されたが、やがてホテル・レストランを主体とし、ゴルフコースやハイキングなどができる庭園へと変化していった。ホテルレストランは付属の施設でドメーヌ・ド・ラ・ブレテッシュ。それは高級ホテルでゴルフコースは18ホールを有し、200ヘクタールの公園、ミシュランのエトワールの階級を持つスパがある。Bessé Signature社の経営。


Hotelsite








ポンセ城-Château de Poncé-
Château de Poncé
Château de Poncé


ペイ・ド・ラ・ロワール州サルト地方のポンセ・シュル・ル・ロワールの村にある城。
1542年にジャン・ド・シャンブレーによって建てられたルネッサンス様式の城。1895年まで一族が所有していた。1830年には煉瓦造りのネオゴシックな迷路が造られ、30メートルの高さにまで奇妙な迷路は続いている。
最初の城の造りは階段は外に面した塔に添えられたが、18世紀には階段が奥まった所に位置するようになる程改築された。
城の中でもその階段に施された彫刻は一見の価値があり、その階段の天井には聖書や神話、紋章、野菜などの違う物のモチーフが160種類も刻まれている。それらのコントラストはフランスでも随一のルネッサンス様式の階段である。
北側の正面にはイタリアンギャラリーデッキがある。


official








プレサス・ドゥ・ヴァー城-Château du Plessis-de-Vair-
Château du Plessis-de-Vair
Château du Plessis-de-Vair
Château du Plessis-de-Vair


フランスの歴史の中で12世紀ごろブルターニュ公国とアンジュー公国が登場するが、その国境の近くに位置するところにある城。
濠に囲まれた堅牢城塞だった城は、十字軍に関係のある円卓や聖杯の伝説的な騎士たちの小説に影響を与えた。15世紀にはところどころに残った丸い塔が往時の面影を残している。
17世紀になるとこの城の所有者はブルターニュ州の議会議長でルイ16世の政治顧問だったコミュリエ侯爵のものとなり、方形の塔やオランジュリーを建設した。
19世紀になると城は光で外観を灯すようになった。
1980年にフランスの歴史的建造物となる。


official











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。