FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ファルケ城-Château de la Phalecque-
Chacirc;teau de la Phalecque


1295年に城はできていた。いちばん有名な所有者はシャルル5世の相談役の女性アグネス・ド・ラ・ラシェリー。彼女ととモルティエと結婚することによって城を手に入れた。
何世紀にもわたって城はいろいろな人の手に渡り、19世紀にはデスペル家が手に入れるとこの城の土地を倍増させた。やがてこの城は老人ホームへと変化し、今では家庭内暴力などの被害に遭っている人の避難所として使われ、簡単には訪問できない。



スポンサーサイト




フレル城-Château de Flers-
Chacirc;teau de Flers2
Chacirc;teau de Flers
Chacirc;teau de Flers1


17世紀初頭にフレルの城はクロワ子爵によって建てられた。1656年マリ・ド・ルーブルとミシェル・ド・ケッセルの結婚に際して彼女が持参金の一部として城を与えるとその城は壊された。
その後に建てられた城は1661年に完成。1747年にケッセル家は一時途絶えるがフィリップ・アンドレ・ド・ボードクィンがワッティグニー伯爵の地位を継承した。1770年フィリップ・アンドレの娘マリー・クレール・ジョセフはスイスの将校ディースバッハと結婚した。彼の率いるスイス連隊は王の軍隊としてフランスに駐留した。革命時マエイー・クレールが亡くなると、城はディースバッハのものになったが彼はここに住むことはなかった。
城は召使のルルージュや庭師のリデツに託された。そのおかげか城は革命政府に没収されることはなかったが荒廃していった。
19世紀になると城はポール・デルスール=デワスに売られた。彼は城を農場にした。
1951年にフランスの文化財に指定され、1986年と1991年に城は修復され今ではビルヌーブタスクが城を結婚式やイベントに貸し出している。

城は17世紀のフランドル地方の典型的建築様式。それは直角に、北と西に2つの翼で構成され、もともと東に三番目の翼があった。、モーリス・サランビエとエマニュエル・テュルクリーによって1974年から1975年と1979年の間に復元されている。


official







クールセレット城-Château de Courcelette-
Chacirc;teau de Courcelette


歴史はわかりませんが今はホテルとして使われています。



Hotelsite








ド・ラ・モット・オー・ボワ城-Château de la Motte-aux-Bois-
Chacirc;teau de la Motte-aux-Bois1
Chacirc;teau de la Motte-aux-Bois


城はフィリップ・ド・アルザスとマティルダ・ド・ポルトガルの結婚の記念に建てられた。
カンタベリー大司教のトーマス・ベケットはヘンリー2世に暗殺される以前、1164年11月2日から1170年にかけてこの城に身を寄せていた。
1328年ノルマンディー公爵によって城が包囲されて破壊される。(カッセルの戦い:フィリップVIは、ランスでフランス王として戴冠式を済ませた後、彼の権威を統合する試みで、戦争に行くことにした。反抗的なブルージュの市民やフランドル伯 ルイ·ド·ヌヴェールに戦いを挑んだ。フランドルの騎士による古い荘園の権利を維持することに市民は憤慨、大部分はフランスの王に反発した。それに対してフランスの貴族フィリップ・ド・ヴァロワは、この戦争に乗り出すには消極的である。)
1397年から1471年にかけてイザベラ・ド・ポルトガルの夫フィリップ・ル・ボンが城に住んでいた。
1614年にシャテルリー大公は手紙で持っていた領地を子供たちに分け与えた。
1645年に城はフランス王国のものとなった。城は再建された。
1965年からこの城にはアモリー・ド・ラ・グランジ航空宇宙研究所が置かれるようになり、飛行訓練などを行っている。


アモリー・ド・ラ・グランジ航空宇宙研究所







ウィトフ邸-Manoir du Withof-
Manoir du Withof


誰かの荘園だったんでしょう。
Bourbourgにはアンソニー・カロ作の彫刻がある13世紀に造られたゴシック様式の「光のチャペル」がある。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。