FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





クラインラウファイム城-Schloss Kleinlaupheim-
Schloss Kleinlaupheim
Schloss Kleinlaupheim


住所:Biberacher Strasse 22, 88471 Laupheim

1766年から1768年にかけてFreiherr Josef Ignaz von Welden durch Johann Georg Spechtによって建てられた。
1840年にビュルテンブルク王国のものになる。
1845年にビュルテンブルク王国の地方裁判所が置かれる。
1958年バーデン・ビュルテンブルク州のラウファイム警察署となった。


市のサイト




スポンサーサイト




ベフィンゲン城-Schloss Böfingen-
Schloss Böfingen
Schloss Böfingen
Schloss Böfingen
Schloss Böfingen


ウルム市-ベフィンゲン地区にある城で1446年に神聖ローマ帝国の都市のウルムのライヒェナウ修道院の土地分割によって販売された。
1587年にヤコブ・レヴェにより元あった城の上に新たな城を建設。
第2次世界大戦、ウルムは市街地の約80%を空爆によって破壊されたために1957年城は再建された。
1966年にグスタフ・ヴェルナー学校が城を利用。1975年に城正面をルネッサンス様式に装飾された。
やがて2007年城の庭園を造り上げて現在に至る。今はウルム市の公共施設となっている。






ステッテンフェルズ城-Burg Stettenfels-
Burg Stettenfels1
burg_stettenfels2.jpg
Burg Stettenfels

城は11世紀に建てられた。1356年からストルムフェダー(春の嵐)の騎士のブルクハルトが所有した。1462年から1478年までハルムシュタット家が所有し、Landshuter Erbfolgekrieg(Bayern-Landshut家とミュンヘンのWittelsbach家との継承戦争)によってウルリッヒ・フォン・ヴュルテンベルクが手に入れ、1507年にはヴュルテンベルク公国の領土となり、公国の将軍コンラート・フォン・ノイブルクが所有することとなった。1527年にはコンラートの息子ハンス・コンラートが城をフィリップ・フォン・ヒルンハイムに売り、彼の所属するグルッペンバッハのギルトにより城は改築された。
1551年アントン・フッガー(ニュールンベルクの大豪商)が城を手に入れ、甥のヤコブ・フッガーが城を所有し、その息子のハンスが1576年にヴェンデル・ディートリッヒに委託してルネッサンスの城を建てた。しかし、その城も1594年に火災で焼失したが、再びディートリッヒ頼んで同じものを造ってしまった。ここは18世紀までフッガー家によってカプチンホスピスなるものを置いていたらしい。
1747年にカール・フォン・ヴュルテンベルクが城を所有し、1829年にはグルッペンバッハの町がこの城を所有した。1852年には不動産業のフリードリッヒ・コルンが、1858年にはハンブルクの実業家アントン・マイヤーが、1881年には農業家のフリードリッヒ・ベルケル、1888年にはワイン製造業者のクリスティアン・ヒルトが城を所有した。
1901年ケルンの弁護士ヴァルター・プッチュが城を買い取ると、この城を現代的なインテリアに変えた。1918年にはハルデンヴァング家が城を買い、1924年にはクツメーカーのジークフリート・レヴィー、コルンウェストハイムがこの城を買ったが、彼はユダヤ人であったために1937年10月のアーリアンナイズドの時、南アフリカへと逃げていった。1537年当時の城の復元もその素材だけを残していっただけだったが、それをナチ党はすかさず再利用した。
第二次世界大戦後はアメリカの管理下にあった。1946年にルーテル教会による老人ホームやレジャー施設が経営された。1951年城はジークフリート・レヴィーに戻り、1957年彼は城をフリードリッヒ・スピーザーに、またスピーザーは1997年に女性の建築家、ローランド・ヴァイマールに売却した。


official







キルヒハウゼン・ドイツオルデン城-Deutschordensschloss Kirchhausen-
Deutschordensschloss Kirchhausen
Deutschordensschloss Kirchhausen1


城の始まりは1572年。ハイルブルンを治めることとなったハインリッヒ・フォン・ボーベンハウゼンによるもの。ストックスベルク城に本部を置いていたが、城を建ててからはこちらに引っ越してきた。
設計したのはワインベルクのトーマス・ノール。彼はまだ建築学校の生徒だったが、彼は1573年に死亡した。
城は2階建てで直角に二つの翼を広げた形。屋根の形はあまり目立たないように造られ、屋根と水平に壁を装飾したルネッサンス様式。円錐形の形をした塔を4隅に配した。また堀には水が張られていたが今は水を抜いている。
入口は北側の跳ね橋から。正面から切り妻屋根は見ずらく、塔も隠れるようになっている唯一の壁の中が中庭となっている。そこには城にまつわるファミリーツリーが描かれている。
1986年に新しい鐘楼が建てられると、近隣のコミュニティーセンター兼イベント広場としても活用されている。



site







ホルクハイム城-Burg Horkheim-
Burg Horkheim
Burg Horkheim1


城は最初1344年に建てられた。城の西には聖ゲオルク教会があり、城の一部のように存在する。
エーベルハルトⅡ・フォン・ヴュルテンベルクによって所有されていたが、1389年にレムリン家団長となるハイルブルンのドイツ騎士団に城を売った。しかし、ホルクハイム近辺を治めるヴュルテンベルク公爵領には本部を置かず、北部のオーベルプファルツ地方の城に本部を置いた。
16世紀になると城はブドウ畑の拡張やワイナリーを置くことで拡張された。それらは城壁の中にあった。
17世紀になるとサイボルト家がこの城を占拠する形で、他のユダヤ人たちもドイツの方々から1595家族も集まり、彼らはこの城で19世紀まで住んでいた。半ば奴隷のように働かされていたユダヤ人たちの安息の場所となったためにこの城に住むユダヤ人たちはやがてそのコミュニティーも認められ保護されていった。
19世紀に城は民間人のものとなると、城の東側はユダヤ人たちの町であり、城に続く道をにぎわせていた。
しかし、1860年ごろにはユダヤ人たちもこの城から去って行って、ドイツの地方に散らばった。でもお金を儲けたユダヤ人たちはこの城を去っても先人たちの苦労を労ってシナゴーグを立て直した。


シナゴーグサイト










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。