FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





アルドゥイー城-Kasteel van Ardooie-




ベルドトン地方のアルドゥイー村にある18世紀に建てられた古典主義様式の城。
アルドゥイエ家が所有する城で個人所有のため公には公開されていない。






スポンサーサイト




ティレゲム城-Kasteel van Tillegem-
Kasteel van Tillegem
Kasteel van Tillegem1


城はブルージュ地方のティレゲンボス地方にある城。
10世紀にブルージュの聖ミカエル教会から収税官吏ワイネブルヘが土地を信託された。13世紀になると土地はVoormezele家の所有になり、その後は一族が貴族としてその土地を信託し続けた。
1730年から1754年までブルージュの市長だったジョゼフ・アドリアン・バイィは1718年マリー・シャルロット・ド・シーテル・ド・ドゥーモゥーダーとの結婚によって、彼女が相続権を有していたこの城の所有者となった。彼らはフランス革命によってその所有権を失ったものの、革命後もその忠誠をフランス国家に捧げた。
Voormezele家最後の当主のHector Bailly de Tilleghem子爵(1822-1877)は姪のマルグリッテ・ケーニッヒに城を譲ったが、そこに金銭的なトラブルが発生すると、1879年にはとうとうVoormezele家からウジェーヌ・シャルル・ド・ペニャランダ・ド・フレンチモンが城を買い取ることとなった。
彼はクロティルド・ラーゲ・ド・ベルファイと結婚した。その息子はのマリー・アンリエット・ド・ブリエと結婚したが、彼らに子供が授からなかった場合には、ジョルジュ・フェルハーゲン男爵にその城を存続させることになっていた。男爵は1916年に結婚。その息子ルネ・フェルハーゲンは1980年に城をウェストフランドル州に売却した。








ヴリーゼルホーフ城-Vrieselhof kasteel-
Vrieselhof kasteel


13世紀にヤン・ファン・ヴリーゼルがこの地に土地を購入し、城と農園に転換した。
1457年にブルゴーニュ大公フィリップがマシューズ・ファン・ステーンベルゲンにこの土地を農場として貸し与えた。
1553年この地に狩りに訪れた神聖ローマ皇帝のカール5世は親衛隊長のコステン・ファン・ヘルマーレにこの地を授けた。その息子のヘンドリクが受け継ぐと、彼はアントワープの市長に推挙された。
1797年にはシャルル・ドウトルメンが城を手に入れると、城の敷地の中にアウグスト派の修道院を開設したが、時代が宗教を段々嫌う時代になると1818年には修道院は警察署へと変換された。
1910年にベルゲイック・ファン・ブロークホーフェンが城を手に入れると、1914年に第一次世界大戦で火災に遭ってしまった城を改築し、現在の城に造り変えた。
1938年に息子のザビエルがこの城に住んだ。そして1978年にザビエルの未亡人と息子はアントワープ県にこの城を売った。
その後この城は地元の織物博物館として利用されている。


site









クレイズ・ブーゥエルト城-Kasteel Claeys-Bouüaert-
Kasteel Claeys-Bouüaert
Kasteel Claeys-Bouüaert



この城は現在ゲント市のMariakerke地区にある。
1890年から1892年にかけて Joseph SchaddeがAlfred Claeys-Bouüaert(アルフレッド·ルイ·フェルディナンドジスランClaeys Bouuaert(ゲント市生まれ、 1844年5月16日誕生 -1936年 3月3日死亡) ベルギーの上院議員で弁護士。)の依頼によってそこにあった古い城を改築したもの。さいごの住人は1971年までこの城に住んでいたAlfons Claeys Boúúaert van den Peereboom。
その後Mariakerkeの街が買い受けた。


site



>>more




ビンダーフェルト城-Kasteel van Binderveld-
Kasteel van Binderveld
Kasteel van Binderveld
Kasteel van Binderveld


城はリンブルク地方のニューウィルカルケン村にある。
12世紀に城は存在し、17世紀にヒエロニムス・ファン・コピン ビンダーフェルト男爵が荒廃した城を再建している。しかし1637年にヤン・ファン・フェルト率いるクロアチア軍が城を砲撃、また1654年にはロレーヌ公爵(ロートリンゲン)の兵士によって城は占領された。1728年、JBC-ル・ロイビンダーフェルト男爵によって再建された。
1826年LLJ de SuccaはSchrijnmakers-Lijnenに城と礼拝堂を売却、また1956年にはバレ家のものとなっている。



townsite













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。