FC2ブログ
宮殿・城郭・城館・邸・田舎の貴族邸いろいろ ーただのwikiを訳しただけー
お城好きだけど歴史に疎い 何を如何したいのか? 解りません。 そのお城に関わる物語を紐解き、妄想の糧に      ただのアホ

プロフィール

zamekzamek

Author:zamekzamek
貧乏人は贅沢な領主たちの生活がしてみたい。
特にヨーロッパの王侯貴族のように・・・。
そこから城好きが始まりました。


現在の時刻

月別アーカイブ

分類

検索フォーム

最新記事

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





気を付けなはれや‼️
LINEを活用していると(会社の命令で加入しろと言われて活用中)変なメッセージが入っている。
LINE STOREにログインできませんでした。

IP Address : 106.102.146.248

心当たりがない場合はアカウント情報を変更してください。

https://line.me/HelpPassword

と、こう言う具合。

IPアドレスがあったので調べてみると、


IPアドレス 106.102.146.248

ホスト名 対応するホスト名がありません。

IPアドレス割当てエリア

国 大韓民国

都道府県(CF値) ソウル特別市 ( 0 )

市区町村(CF値) 中区 ( 0 )

IPアドレス割当て組織

組織名 該当なし

上場区分 該当なし

資本金 該当なし

従業員数 該当なし

売上高 該当なし

業種大分類 該当なし

組織 WEBサイトアドレス 該当なし

IPアドレス割当て環境

接続回線(CF値) 判定不明 ( 0 )

市外局番 該当なし

プロキシ判定 該当なし

IPひろば検索ランキング ランキング圏外


こんな感じ。

韓国 ソウル市?

なんじゃこりゃです。

LINEは友達との無料通話や会話だけに利用しているだけだし、LINE STOREなど使ってない。

勝手な推測だが、韓国に日本人の利用者の情報が流れていると聞いたことがある。それで日本人には何しても許される韓国人が勝手に日本人のアドレス使って、LINEで買物しているとか?

もしそうだったら気を付けなければ。
スポンサーサイト




Schloss Ismaning
1530年フライジングの司教をしていたフィリップ・フォン・デル・プファルツにより四方に塔を配したルネッサンス様式の城として建てられた。
1716年から1724年にかけて、城はヨハン・フランツ・フォン・エッカーによりバロック様式の城へと生まれ変わった。建築家ドミニク・グレスルとヨハン・バプティスト・ツィマーマン作品でもある。
でもナポレオンがバイエルン侵攻することで、世俗的な司教の座は廃止され、それと共にナポレオン軍によってこの城は略奪に遭い荒廃していった。
ウィーン会議後、城はロイヒテンベルク公爵夫人でバイエルン王マクシミリアンの娘のアウグスタ・アマーリエのものとなった。彼女が1851年に他界すると、城は幾多の所有者を経て1899年から1919年までミュンヘン市の所有となった。またそれ以降はイスマニング市の市庁舎として使われている。
アウグスタ・アマーリエの使っていた客間がそのままの状態で保存されているのが興味深い。 home




한국인 거절

1997年のアジア通貨危機の際、韓国はIMFから570億ドル(うち日本からは100億ドル)もの緊急支援を受けて何とか生き返りました。
この時、借金を抱えていたのは韓国の民間銀行でした。
主に日本と欧米の民間銀行から借りたお金です。
この借金は短期対外債務と言い、直ぐに返す必要のある借金だったのです。
これが原因で、IMFがお金を貸してくれる事が決まったのにWONは暴落(暴騰)し続けました。
なぜならば、IMFに借りたお金をすぐに借金の返済に使ってしまったら、 韓国を再生するための資金が残らないためです。
そんな国に投資家は投資しません。
資産が流失し、WONの暴落が止まりませんでした。

そこで、見かねた日銀(日本の中央銀行)が日本の民間銀行に韓国の借金返済を延期するように説得しました。
さらに日銀は、欧米の民間銀行とまで交渉し韓国の借金を延期するよう合意を取り付けました。

・・・この合意の後、
WONの暴落(暴騰)が初めて止まりました。

日銀が この難しい交渉を返済期限までのたった1ヶ月弱で纏めたのです。

WON暴落(暴騰)が止まらなければ韓国はもう破産するしかありませんでした。
結局、韓国の破産を防いだのはIMF援助ではなく真実は日銀の異例ともいえる韓国支援の動きが
「日本は韓国を見捨てない」
という安心感を世界中の投資家に与えたからであったのです。

その後、韓国政府は「日本の援助がなくても立ち直れた」と言い放ち、IMFへの返済も実質日本から借りて、返済しませんでした。

歴史上のことで自らの権利を主張したいのなら、まずは借金を返して下さい。
日本と韓国は平等ではありません。
韓国は日本に甘えているだけです。
日本が居ないと存在すらできない屑国なのに、嫌がらせをしたり日本沈没しろなどと言ったりしますが、ただの馬鹿にしか見えません。


1997 년 아시아 외환 위기 때 한국은 IMF로부터 570 억 달러 (그 중 일본은 100 억 달러) 무슨 긴급 지원을 받아 어떻게 든 살아났다.
이때 빚을 안고 있던 것은 한국의 민간 은행이었습니다.
주로 일본과 구미의 민간 은행에서 빌린 돈입니다.
이 부채는 단기 외채라고 즉시 반환해야하는 빚이었습니다.
이로 인해 IMF가 돈을 빌려주는 것이 정해했는데 WON은 폭락 (폭등)을 계속했습니다.
왜냐하면 IMF에 빌린 돈을 빨리 빚 상환에 사용해 버리면, 한국을 재생하기위한 자금이 남지 않기 때문입니다.
그런 나라에 투자자는 투자하지 않습니다.
자산이 유실, WON 폭락이 멈추지 않았습니다.

그래서보다 못한 일본 은행 (일본 중앙 은행)가 일본의 민간 은행에 한국의 부채 상환을 연기하도록 설득했습니다.
또한 일본 은행은 서양 민간 은행까지 협상 한국의 빚을 연기하도록 합의를 설치했습니다.

...이 합의 후,
WON 폭락 (폭등)이 처음 멈추었습니다.

일본 은행이 어려운 협상을 상환 기한까지 단 1 개월 미만으로 정리 한 것입니다.

WON 폭락 (폭등)이 멈추지 않으면 한국은 이미 파산 할 수 밖에 없었습니다.
결국 한국의 파산을 막았다는 IMF 원조가 아니라 사실은 일본 은행의 이례적이라고도 할 수있는 한국 지원의 움직임이
"일본은 한국을 버리지 않겠다"
라는 안정감을 전세계 투자자에게 준 때문이었습니다.

이후 한국 정부는 "일본의 원조 없이도 회복 할 것"이라고 단언, IMF에 상환도 사실상 일본에서 빌려 상환하지 않았습니다.

역사상의 것으로 자신의 권리를 주장하고 싶다면, 우선 빚을 갚고하십시오.
일본과 한국은 평등하지 않습니다.
한국은 일본에 응석 부리고있을뿐입니다.
일본이 없다고 존재조차 할 수없는 쓰레기 국가인데, 희롱하거나 일본 침몰해라 등 말하고하지만 단순한 바보로 밖에 보이지 않습니다.

When the Asian currency crisis of 1997, South Korea (from out Japan, $ 10 billion) from $ 57 billion IMF was revived somehow by receiving emergency assistance thing.
In this case, the had the debt was the private bank of South Korea.
It is mainly money borrowed from Japan and Western private banks.
This debt is called short-term external debt, and it was a need of it is debt that we will return soon.
This causes, WON though was decided that the IMF lend money has continued to collapse (inflated).
This is because, if I spent the repayment of debt immediately the money that was borrowed to IMF, it is because it does not leave any money for playing South Korea.
Investors do not invest in such a country.
Assets is washed away, did not stop the collapse of the WON.

So, was persuaded to it Mikane was the Bank of Japan (the central bank of Japan) to postpone the Korean debt repayment to the private bank of Japan.
In addition the Bank of Japan, and to negotiate until the private banks in Europe and the United States has mounted an agreement to postpone the debt of South Korea.

... After this agreement,
Crash of WON (inflated) was stopped for the first time.

Bank of Japan I was summarized in just one month less than up to the repayment deadline this difficult negotiation.

If not stop WON crash (inflated) is South Korea was not the only anymore bankruptcy.
Ultimately, prevented the Korean bankruptcy rather than IMF aid truth is the movement of unusual and also say Korea support of the Bank of Japan
"Japan does not forsake Korea"
It is of a sense of security was because he gave to investors around the world that.

Then, the Korean government Ihanachi as "Japan's assistance was get over even without", repayment to the IMF also borrowed from real Japan, but did not repay.

If you want to claim their rights by on the history, First of all, please return the debt.
Japan and South Korea is not the equality.
South Korea is only graces in Japan.
Japan is even Even though debris country can not exist and not stay, you can say such a harassment or Japan sinking white, but it is not visible only to just a fool.






チェトリッツのワウブジフ城-Zamek Czettriztów w Wałbrzychu-



この城は1606年から1628年にかけてチェトリッツ家によって建てられた城。
17世紀中頃まで未亡人のディプランジー・フォン・チェトリッツが住んでいた。彼女が亡くなると、ヘンリカ・フォン・チェトリッツが相続し、やがてマリー・カタルジニー・チェトリッツ・ビブリアンがこの城を相続した。
1738年になると城や街はコンラッド・マクシミリアン・ホッホベルクが購入した。彼は城に
手を加えた。階段を有する円型の塔やドスタビオノ風の壁、赤と白の市松模様で飾られたホッホベルクの紋章の入った新しい入り口を擁する3つの建物を増築した。
1882年に更に城は南側に拡張された。まずはフラットな屋根を造り、翌年には壁やより高い管理棟を造った。改築は1922年にも施された。
第二次大戦後、城は様々な機関を通じて補修され、1962年から1965年までファサードが補修された。というのも1944年までこの城で過ごしていたプシジンスカ公爵夫人はイギリス出身で、ウィストン・チャーチルのマリア・テレサ夫人と血縁関係に有ったからだった。
1990年以降、この城はアンジェラス・シレジウス(シレジア地方の領主様❓)の本家として存在したが、2004年から州立高等専門学校として使われる様になった。



http://cit.walbrzych.pl/atrakcje-turystyczne/palac-czettritzow






イックウォースハウス-Ickworth House-



1795年から1829年にかけて建てられた邸宅。1467年からブリストル侯爵のハービー·ファミリーが所有する土地で、建物を最初に建てたのはフレデリックハービー、ブリストル第4侯爵の依頼により、デリーの司教にサフォークの田園地帯の古典別荘を設計したイタリアの建築家Asprucciが受け持った。フレデリックハービー侯爵は家の完成を待たずに1808年に死亡し、後継者にその完成を託した。

1956年、ナショナルトラストは主人の死亡により家、公園の管理を任され、その契約の一環として60の客室イーストウィングに99年間のリースをに与えられた。しかし、1998年にブリストルの7侯爵はナショナルトラストにイーストウィングの残りのリースを売却した。 彼の義理の弟フレデリック·ウィリアムアウグストゥスハービー (1979年10月19日生まれ)はナショナルトラストに家族が委託している邸宅を使用できるように願ったが、ナショナルトラストがそれを拒否したためにリース期間をナショナルトラストに販売した。

プライベートイーストウィングはIckworthホテルとして利用されていたところはマンションとしてナショナルトラストからリースに変更。アパートメントは敷地内にあるダワーハウス内にある。

Ickworthハウスでウェストウィングは、ナショナル·トラストとの間で共同のパートナーシップ2006年まで未完成の行きソデクソプレステージは、会議やイベントのためのセンターとしての改築と口につながった。 プロパティの歴史の中で最初の結婚式は2006年に開催されました。






ウェストンバードハウス-Westonbirt House-
Westonbirt House
Westonbirt House1
Westonbirt House2
Westonbirt House3


1665年から1926年までホルフォード家が住まいとしたジョージア様式からエリザベス様式へと変貌したカントリーハウス。
1839年ロバート・スタイナー・ホルフォードが屋敷を継承すると1863年から1870年にかけて Lewis Vulliamy に依頼して今ある大邸宅を設計した。また Lewis は庭園も改造した。
邸宅は産業革命の最たる利便性を取り入れ、ガス灯やセントラルヒーティング、鉄骨の屋根で覆われた耐火屋根を採用していた。内装は全般的に古典主義様式。外装はコンサバトリーでエリザベス様式へと建築様式を逆行させるレトロな造りへと変わった。
1928年には女子学生のための寄宿学校になり、その後学校の建物となり毎年6月と10月に内部が一般公開される。

westonbird history






ヒレンラード城-Kasteel Hillenraad-
Kasteel_Hillenraad.jpg
Kasteel Hillenraad1
Kasteel Hillenraad2
Kasteel Hillenraad3

リンブルク地方のルールモント市にあるスワルメンの街にある濠に囲まれた正方形の城。
スワルメンの街は1270年から1695年までGelre公国に属していた。15世紀にはこの城は公国の中心的な位置に有った。
オランダがハプスブルク帝国からの独立をする上でオレンジ公ウィリアムはヒレンラード城に本部を置き、その本部を統括したのがアーノルド・シェンクだった。
1695年スワルメンも街は markgraafschap(辺境伯領)アセルトに属した。
17世紀と18世紀に城は四方の塔を増築し、今の姿になった。

アーノルド・シェンクが亡くなった後、彼の妻のカタリナ・マリア・ファン・ヘンズブロックが一時的に城を所有したが、その後には彼女のいとこのウィレム・アドリアーン・ファン・ヘンスブロックが城を所有した。
Roermondse bisschop Filips Damiaan Lodewijk van Hoensbroeckは18世紀のマーズランド地区でこの城を音楽の中心地にした。
1909年に Franz Eugen von und zu Hoensbroechはメッテルニヒ家の娘と結婚。その際に城は華美な装飾で彩られ、またそのあとにこの城を受け継いだHerman Jozef Wolff-Metternichとその妻のVon Schall Riaucourが1922年に城を更に飾り立てた。そして1918年11月にはドイツ帝国皇太子のヴィルヘルムがこの城を訪問した。しかし、ここはオランダ。第一次世界大戦ではオランダは中立の立場をとっていたためハーグ条約の規定によりドイツ皇太子は国外へと連れ出された。



site







キットリッツ城-Schloss Kittlitz-
Schloss Kittlitz2
Schloss Kittlitz1
Schloss Kittlitz3


ザクセン地方キットリッツ市のLöbauer地区にある城。
この城の基は10世紀に対スラブ戦線のための要塞があった上に建てられた。12世紀にこの城を占領したOberlausitzはこの城を政治経済の中心として栄えさせた。城は濠に囲まれたWasserburgに建て替えられ、城壁の中は荘園として農作物などが造られていた。
1368年にはこの地域の最古の貴族のキットリッツ家が様々な税の特権を持ちっていたため、至極裕福な小国を造っていた。14世紀の中頃Nostitz家がこの地域を統括。1527年にはJohann von Gussigk,がこの城の領地を含めた周辺を所有していた。やがてその領地は1705年に Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauが買うこととなった。
 Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauは今まであった古い城の隣に新しい城を建築した。彼はドイツのフリーメイスンで1743年にテンプル騎士団のメンバーになり、ドイツ南方のHeermeisterであった。1769年に Karl Gotthelf von Hund und Altengrotkauは財政的な理由で、城を手放さなくてはならなくなった。
 1878年に EFW Ficklerが城を所有し、この城の庭園を一般に公開。1909年にHugo Freiherr von Salza und Lichtenauがこの城を手に入れた。
 第二次大戦中はドイツ国防軍がこの城を補給基地として使用したが、大戦後にソ連軍の進駐により城は病院として接収され、所有者のSalza家は有無を許されずこの土地から追い出された。1947年に病院は保育園として使われた。
やがて社会主義体制の崩壊とともにSalza家は戻り、彼らや市などによって城は再建された。今では文化的なイベント用の貸し出しホールとして使用されている。


site







チシェビャツフ宮殿-Palace in Trzebiatów-
640px-Palace_in_Trzebiatów_bk2
640px-Trzebiatow_Palace_2009-04.jpg
640px-Trzebiatow_Palace_2007-07.jpg
640px-Trzebiatow_palac_wnetrze_(3).jpg
640px-Lalki_Pałac_Trzebiatów_05

この宮殿はフォアポメルン州北部のチシェビャツフの街にある新古典主義様式の宮殿。
宮殿の起源は12世紀に遡る。
1224年にチシェビャツフにあった土地はこの地域を統括する修道院長のBogusławie I の助言で、ポメラニアの公爵未亡人のアナスタシアが尼僧となり、1285年に古い城が建設され、その西側に聖ニコラウス教会が建てられたところからキリストの布教に従事した。
16世紀になると城や教会はポメラニア公爵の王子の世俗的な所領となった。
1560年に修道院と城はルネッサンス様式に建て替えられた。1619年ポメラニア公爵フェリペ2世の夫人だったゾフィー・フォン・シュレースヴィヒ=ホルスタインがこの城を受け継いだが、彼女の死後、この城はブランデンブルクの公爵のものになった。1679年に城が火災で焼失すると再建された。1690年にはプロイセンの王のフリードリッヒ1世のものだったが、1761年には一時的にロシアの兵舎を置いていたように持ち主が目まぐるしく変わっていった。そんな中で1750年から1791年にかけては(一時的には変わったけれども)ビュルテンベルク公爵の持ち物だった。最初はフレデリック・オイゲンが住み、後のビュルテンベルク公国の王であるフリードリッヒ1世と大公妃エリザベートが新婚時代を過ごした。
その間に宮殿は新古典主義の宮殿に生まれ変わった。そしてそこにはMaria z Czartoryskich Wirtemberskaが1785年から1,790年まで住み、画家のJan Rustemがゲストとして招かれていた。1797年から1811年にかけてはこの地域の軍の統率者であった元帥のGebharda von Blücheraが住んだ。彼はその後Trzebiatówの市長になると、宮殿の一部を取り壊しそこをアパートや貸事務所とした。そこは宮殿としての機能が無くなり、やがては荒廃していった。
第一次世界大戦が終わるとこの宮殿は農業学校へと変貌した。
1945後は、さまざまな機関が収容された。兵舎、オフィス·、アパートなどに使用された。1989年以来、その内部にある公立図書館とTrzebiatowski文化センターへと変換されていった。


site







ビアウィストック・ブラニキス宮殿-Pałac Branickich w Białymstoku-
Pałac Branickich w Białymstoku
Pałac Branickich w Białymstoku1
Pałac Branickich w Białymstoku2
Pałac Branickich w Białymstoku3
Pałac Branickich w Białymstoku4
Pałac Branickich w Białymstoku5

ポーランドのヴェルサイユ宮殿と言われるほど美しい宮殿。
Piotra Wiesiołowskiego .によりもとあったゴシックルネサンスの城を造った。Mikołaja Raczkowiczaが指揮する形で造られ、Piotraの妻Katarzyna Wołłowiczówna が亡くなり、2人目の夫人を迎える時だった。城の周りの濠を生かし、中庭は宮殿の庭園として生まれ変わるようにすることをPiotraの息子 Krzysztof Wiesiołowski がリトアニアの設計師を招いて造った。しかし、1637年に彼は亡くなると彼の妻は亡くなるまでその城に居住した。
スウェーデン侵攻に備えリトアニア人のJanuszowi Radziwiłłowi がこの城を防衛。やがてPawłowi Sapieszeがこの地方の知事よりこの地を指揮することで大佐の位が授けられた。スウェーデンとの戦争でが功績をあげるとJana Klemensa Branickiegoの娘Katarzynie Aleksandrzeを娶り、ポーランド・リトアニア共和国議会は彼にこの地を授けることとした。それ以降、この土地はBranicki家のものとなった。
やがてステファンはユトレヒトの職人Tylmanowi z Gameren .を呼び、ワルシャワのクラシニスキ宮殿を設計したMichała Radziejowskiegoをも呼んで荒廃した城を建て替えるために宮殿建設に着手した。っていうかJana Klemensa BranickiegoはPiotra Wiesiołowskiegoの子孫で、Stefan Mikołaj Branicki =Stefana Czarnieckiegoで彼は妻のお父ちゃんに建設指揮をとるようにお願いした。
1691年から1697年にかけて造られた。 とりわけ、元あった城の塔の一つは階段として使用した。 次の改造時には、横方向の付属建築物を増加させ、多くの彫刻をイオニア式列柱を建てた。 城の庭園の中の池の近くに、17世紀の教区教会があり、そこには塔からの地下通路があったんじゃないのかという言い伝えもある。
宮殿のさらなる拡大は、Jana Klemensa Branickiegoと妻の Izabeli Poniatowskiej .の要請によるもの 。 Jan Zygmunt DeybelがTylmana z Gamerenの後を引き継ぎ、中庭を囲むように馬蹄形のフランスの宮殿式に付属建物を設計し建築した。何人もの職人たちの手によってロココ様式の内装は豪華絢爛に装飾されていった。
そんな宮殿にはヨーロッパ中から数々の文化人が訪れ、はたまた時のポーランド王アウグストス2世、3世、ザクセンのツィマーマン選帝侯、イグナシウス・クラシツキ枢機卿、フランスに亡命したスタニスワフ·アウグストゥス・ポニアトフスキ、ロシア皇帝ピョートル1世、はたまたフランス国王ルイ18世とその名声はヨーロッパ中にとどろいていた様子。
1754年にここに軍事学校が造られ、1773年にはSzkołę Akademicką Zgromadzenia Białostockiegoという軍事大学が設立された。
しかし、1801年になるとポーランドの一部はロシアの領土となってしまう。やがてこの宮殿はツァーリのものとなり、ありとあらゆる陶器や彫刻はぺテルスブルクへと持っていかれてしまった。
でも悲劇もあれば幸運なことも・・・。
第一次世界大戦ではこの宮殿は無傷に近い状態で残った。野戦病院とあいて使用されただけだった。その後地方の知事の公邸に使われた。
しかし、ポーランドボルシェビキ闘争でポーランドの臨時革命委員会の事務局が置かれた。
そしてナチスドイツのポーランド侵攻。1944年に無傷に近かった宮殿もドイツ軍撤退の際に70%が破壊された。
でも戦後ポーランドは社会主義にはなったもののStanisława Bukowskiegoの指示の下18世紀風に宮殿は再建されたが・・・。その中身はお粗末の一言だった。
1990年になって西側の資本が入ると 宮殿礼拝堂のAugustyna Mirysa.の絵を修復させ、2006年には宮殿のBranickich Gryf(門)を再現、2011年には宮殿の再建、2012年には庭園が整備完了させた。

破壊と再建の繰り返し。未来永劫続く人間の営みのような・・・またその愚かさのような・・・。


サイト

大学サイト









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。